忍者ブログ
(主に大分の)珍種バス停写真のブログ。 バス停大好きっ子も厄年を過ぎました。
[174] [173] [172] [171] [169] [170] [168] [167] [166] [165] [163]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最終的に木浦鉱山まで行った先日の大分取材旅行は
 
 この長湯温泉を足がかりに2泊2日(初日夜出発)で行くつもりだったのです。
 計画を立てた時点で
 「こりゃ、竹田でやりすぎてつまづくな」
 と考えました。また最初に向かった雉ヶ平線が全施設新設というテンション駄々下がりのスタートで
 「竹田もうだめズラァ!!深追い禁止ズラ!!」
 おれの心の中の国木田花丸(※詳しくはラブライブ!サンシャイン!!で調べてください)が言っている。

 というわけで竹田や三重町などをかなり端折りました。

 ここにどうしても向かいたかったんですね。
 いやいや、手垢が付いたネタでしょうよ、ととろなんて、と思う向きがあるかもしれません。


 うちは貧乏なので格安レンタカーのお世話になってます。
 そこが、カミさんの闘病中本当にお世話になってねえ。
 抗がん剤投与の2~3日の入院が2~4週間に一度発生するわけ。入退院のとき、タクシー代よりはるかに安いんだもの。

 カミさんが亡くなって、法要も終わって落ち着いて。そうだ旅に出よう。
 レンタカー会社の人が、この旅の始まりのときに聞いてきた。
 「いやー、しばらく来なかったでしょ。奥さんのこと心配してたんですよ。また病院ですか」
 「あ、…亡くなりました」
 「えっ!!」
 色々会話はあったのだけど、うっかり行く先を
 「大分の山奥へ」(※間違ってないよな)
(※おれのイメージする素敵な大分の山奥)
 と言ってしまったばかりに店員さんが真剣な表情で
 「…必ず、帰ってきてください!!」

 なんか勘違いされてるーーーー!!
 なんで、バス停の趣味の話でとっつきやすいととろのバス停の話をして、このバス停の写真だけは絶対に撮って帰ってこようと誓ったのでした。

 帰って見せて、むしろその店員さんにウケたのはこのバス停だった・・・。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[07/06 ジマオ]
[07/01 senochan]
[02/27 ジマオ]
[02/22 Sunhouse]
[11/23 じま]
最新TB
プロフィール
HN:
西ジマオ(宇宙サービス)
HP:
性別:
男性
自己紹介:
メールはこちら。

★激動の昭和の荒波に耐えて田舎に都会に生き残る、珍バス停たちが大好き。しかし嫁は全く無理解。
バーコード
ブログ内検索
P R