忍者ブログ
(主に大分の)珍種バス停写真のブログ。 バス停大好きっ子も厄年を過ぎました。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「バス停は駅であった」という考察文を書いたら、これを取り上げざるを得まい。

 巨大建造物です。駅です。
 JR=国鉄バスの、本当に駅扱いであったバス停。
 バスターミナルではあります。だけど、これは例えば駅前や中規模市の中心部に設置するようなものではなく、鉄道空白地の地域までバス路線が伸び、そこに駅を置いたという例。
 「駅」はかつて「運輸」において必要なものでした。遠くに大きい荷物を送る宅配、あれ、宅配業が発達する前は「駅止め輸送」が中心であったようです。

 大分県の山中もそうですが、中国地方の山中など、鉄道空白帯がある箇所には国鉄バスの駅が結構設置されています。長野には国鉄バスの貨物駅も存在したほど。


 これは、その名残。

 内装も立派な駅です。

 と・こ・ろ・が。
 この地域は確かに鉄道空白帯であったのですが、近くに炭鉱が見つかってしまいました。
 貝島炭鉱。筑豊炭田最後に生き残った炭鉱。大規模な露天鉱でした。
 今、その歴史を塗りつぶすようにメガソーラーの建設が進んでいます。
(この土地全部を埋め尽くす予定のようです)
 後に国鉄、ここから1キロもないようなところまで鉄道線を延ばし、本物の鉄道駅を作ってしまいます。
 それは後に「筑前宮田」のバス停として紹介しましょう。駅跡がある程度残っていてバス停になってます。

 この街には「宮田町駅」と「筑前宮田駅」の二つの国鉄駅があったということになります。
 しかし実際町並みを歩いてみると実際、この「宮田町駅」のほうに商店街が発達しています。

 この乗用車というかタクシー、実はバス扱い。
 利用客はそれほどというくらいの短い路線用の車両なんだそう。

 ボットン便所も気合が入ってます。落書きだらけでした。

 今はただの「バス停」です。
 柱もあれば鉄板を路上に落としただけのものもある。それと同じ扱いのものです。
 ここがこんなにも大きいのは、かつて「国鉄自動車駅」であっただけで…。
PR

バス停とは、人生である -ニーチェ-

と「バス停トーク」のオープニングで使っているバス停です。

苦悩した顔で立ってみるとまさにそう思えるではありませんか。

 このバス停は筑前山崎という終点へ向かう支線のバス停。
 筑前山崎線は、JR、ないし国鉄バスと西鉄バスが昭和30~40年代路線網を引くにあたり、大変しのぎを削った場所であります。直方から赤間のほうに抜ける峠の路線を引くために、蜘蛛の糸のように絡み合った路線網が敷かれていた場所です。長閑な農村地帯なんですが、JR晩年期も桶田経由、有木経由の2系統存在していたし、西鉄はJRと重ならないよう必死に遠回りをしてこの周辺に路線を延ばしたり、時には和解をしたのか競合路線を引いたり。

 西鉄もJRもなーんにも居なくなってしまって、今は宮若市乗合バスとして運行されています。

この黄色のがJR時代のバス停名板。

裏から見てもサビサビです。
おそらく譲り受けたのか。新しく立てた感じですが、もうレトロ感ある。


病院の名前は「有吉病院」でした。
…あ、「新・三大○○調査会」あたりに売込みしてみようかしら。いや、地元から攻めて「ドォーモ」あたりとか。



カミさんに撮ってもらいました。

このバス停を紹介してくださったちょんびんさん、ありがとうございました。
知らなかったのDEATH!!マイガー!見逃し!!
しかも何気にリンク先のほうが写真の撮り方うまーい!

二つ並んだバス停。・・・だと普通は考えます。

これ、平成10年代に廃止になったJR上野線のバス停がほったらかし。

大昔赤池駅付近でこんなものを見つけて、ひょっとしたらと行ってみたところ。

撤去しない、というのを肯定的に評価するべきかどうか・・・。
ちなみにこんなバス停がほかに3個ほどありました。
田んぼのそばで朽ち果てていたあのバス停の名前はなんだったんだろう。手元にある地図では廃止済みで確認できず。
VFSH0003.JPGこのバス停のデザイン、お世話になっている表現ワークショップで写真を撮られている方の作品。

地名に「猫」はなかなか付かないものなのですが、ここの地名は地元伝承の「追い出し猫伝説」によるもの。
詳しくは待合室中に入ってみると伝承の全てが書いてあるのです。

要は「外宇宙からの生命体・巨大鼠がまさに地球を侵略せんと、この地に最前線基地を築いていた。これを地元の猫・イダテンとベンテンはよしとせず、お供のアドン・サムソンを引き連れ、まずプロテイン製造工場から爆撃。戦いの火蓋は切って落とされた!!」的な話です。自分の曇りきった目にはそう見えました。
VFSH0005.JPG(※本当の伝承はこちら)

・・・で、デザインをやったその本人のお話。

「ともかくね~、猫の色塗ってたらかわるがわる地元の人がやってきて、この追い出し猫の話をしてね~。一人したと思ったら違う人がやってきてまた同じ話してきて・・・よっぽどこの村は、猫に助けられたんだろうね~。もうずーっと塗ってる間その調子。」

猫塚は、その大鼠との戦いで死んだ多数の猫の弔い塚だとか。
この町ではこの伝承にあやかった「追い出し猫人形」を売ってると聞きます。

VFSH0008.JPG VFSH0007.JPG


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[07/06 ジマオ]
[07/01 senochan]
[02/27 ジマオ]
[02/22 Sunhouse]
[11/23 じま]
最新TB
プロフィール
HN:
西ジマオ(宇宙サービス)
HP:
性別:
男性
自己紹介:
メールはこちら。

★激動の昭和の荒波に耐えて田舎に都会に生き残る、珍バス停たちが大好き。しかし嫁は全く無理解。
バーコード
ブログ内検索
P R