忍者ブログ
(主に大分の)珍種バス停写真のブログ。 バス停大好きっ子も厄年を過ぎました。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]


高速道路を使わないときに使う「シタミチ」というやつ、それも200番台以内の国道だとそれ沿いにあるバス停を見かけると「ま、こういうバス停は安泰でしょ」と思いがち。
だから、いつまでもあると思っておざなりな写真しか残っていないことになる。

こんなふうに

ちょっと、撮っとくかって感じで

わからないものなんです。バスの廃止ってのは。
ちなみにこの路線は森町と筋湯線を結ぶところで、写真撮った10年前は恒久的に残っていそうな感じであったのだけれど。

実は去年10月辺りから大分の北部では猛烈な廃止の嵐が吹いたみたいで、特に耶馬溪付近の路線の廃止が発表になったのには驚いた。
丁度カミさんの法事やらでばたばたしてた頃だな・・・。まあ、バス停どころではない日々だったので気付く訳がない。しゃーない。

これとか今「立ってる」んだろうなあ。
こないだの取材旅行の際、実は何も知らずその付近も再訪する腹積もりだったのだけど、とある事情で大分~湯布院を1.5往復する羽目になってしまって、ガソリン代ケチるために断念。

まあ、行かなくてよかった。落胆してたろうから。

PR

この1枚だけだと「風光明媚」と思うかも知れないが、大分県はひたすらこの景色が続く。
その理由は地質にありましてな。大昔阿蘇山がドカーンと行きまして火砕流が人智を越えた勢いで周辺を覆いつくして、川がその火山から降ってきた堆積物を削って切り立った崖と狭い谷を作って

国道・川・鉄道がそんな地形を縫って走ってるのを象徴する感じでバス停。

この道は交通量多いんですよ。しかしさしたる広告も貼られることなく。
いや、昔はあったかもしれない。
だけどこの国道、平行して高速道路もあってねえ・・・。

完全に鉄道と平行してる上、集落も駅がカバーしてしまってるのでバスが走る意義があまりないこの場所。国道沿いなんだけどなあ。

この前に紹介した全但バスのバス停と比べると立地条件近いと思うのだが、不憫だなあ・・・。

交通情報では「九州横断自動車道霧のため…」でおなじみの地点付近。
もう、下道でも川霧が凄いのなんの。

そんな霧の中久しぶりの顔を見に行きましたよ。
廃止になってもう10年以上は経過しているのでしょうが、外す予定は特にないようです。

そういえばこの支線の終点のプレート、鉄道マニアショップに売りに出されてたなあ…

ここは健在。残していていただいてる、という感謝の心を胸に抱きつつ撮影。ごっつぁんです。

写真撮ってるうちに霧も晴れるだろと思ったけど、ここの霧はもう相変わらずすんごいですなー。結局1時間くらいは晴れなかったな。

三が日なので本当にどうでもいい話をします。
いや、「勇者ヨシヒコと導かれし七人」にハマりました。
あれはカミさんが亡くなって、失意のどん底にいた頃です。心労で寝込んでいました。

これは体験したものじゃないと絶対にわからないのですが、配偶者が亡くなった場合相手方との宗派との折り合いが大変です。
うちの場合は相手方は真言密教だったので大変厳しく、お布施額によって場合によって戒名がつけてもらえなかったりしきたりも大変だったりと色々厳しい宗派。こちらはまあ浄土真宗。元を辿りに行きましたが大変な山をかき分けていった漁村の村の子孫で、おまけに都会への移民でした。まあフリーダム。僥倖だったのはいわゆる新興宗教に属していなかったことか。
さて、カミさんを亡くした悲しみの中仏壇の手配。法事の手配。しきたりが大変厳しい彼らを納得させる法事をやらなきゃいけない。大変だー、日々ではカミさんいなくて家事もおぼつかなくて悲しい、寝込む。

そんなときに偶々ヨシヒコをみたのです。アホのように笑いました。
毎週楽しみにして見ました。ダシュウの村の回、アホのように笑いました。
ラブライブのパロディでまたアホのように笑いました。
笑いって大切だなあ。


というわけで何故このバス停なのかというとこのバス停は多分
「日本で一番ドラクエの呪文っぽい名前のバス停」

だからです。うむ、有無は言わせない。ヨシヒコに出てくるメレブっぽく
「私はこのバス停を
 ザメキ
 こう呼ぶことにした」

あなたの心の中のヨシヒコは、
「凄い・・・私にもそのザメキをかけてください!!」
と返してくれましたでしょうか?

旧前津江村路線の終点です。待合所もあるんだけど離れていて、バス停的要素は標柱一本に託しちゃってて、少しこのサイト的には「惜しい」バス停。昔はここにいろいろ貼ってあったりしたのかなー。
ただ、終点の名前としては最高です。そしてこのドラクエの呪文感。
声に出して読むと、かなり強そうな呪文感あるよ?

それにしてもヨシヒコがなかったら、と思うと色々ぞっとしています。本当に、大変だったあの頃。いろんな人から心配されたなあ、あの頃。
笑いの力は大事です。ひょっとしたらそれが呪文「ザメキ」の効能なのかもしれません。


わー、懐かしい。まだ結婚する前のカミさんだ。
これ大分の神杉野。

カミさんはバス停探索の旅も結構付き合ってくれました。
もちろん一緒に付く食事やら、旅のお土産が半分目的。まあ、自分との会話も楽しみだったようでしたが。

今年の4月の探索もカミさんと一緒に行ったんでした。
秋月行くついでに。これを撮ってる間カミさんは車内で、スマホゲーをぽちぽち。

今年は本当に大変な年になりました。6月ごろから悪くなる病状、そして緩やかに訪れながら、不意に襲った病状の激変。そして9月に亡くなりました。
毎年訪れる割にはここでそういう写真撮ってなかったなあ、とカミさんをそそのかしたら、予想外にもノリノリで協力してくれたんだっけ。

楽しくなかったらこんなに楽しく一緒に出かけてねえだろ

えへへへへへ

いいかげんにしろ

どうもありがとうございましたー

カミさんはオードリーが本当に好きだった。

今年最後の更新です。今は喪中。
去年の今頃、がんセンターでセカンドオピニオンを立てた結果、かなり厳しい状態であること。そして余命1年の宣告を受けてました。

「生きたいよう、もっと長くふたりで家族でいたいよう」
という彼女のその日の言葉や
「今まで本当にありがとう」
と今わの際に自分に残した言葉は一生忘れない。

本当に寂しくなったけれど、今頃カミさんは好きなことをして過ごせているかなあと、思いを馳せるばかりです。
動けるうち、好きなことをたくさんやったカミさんは幸せものだったと思う。うん。

それじゃ、よいお年を。



忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[02/27 ジマオ]
[02/22 Sunhouse]
[11/23 じま]
[11/22 友枝病院前]
[06/29 ちょんびん]
最新TB
プロフィール
HN:
西ジマオ(宇宙サービス)
HP:
性別:
男性
自己紹介:
メールはこちら。

★激動の昭和の荒波に耐えて田舎に都会に生き残る、珍バス停たちが大好き。しかし嫁は全く無理解。
バーコード
ブログ内検索
P R