忍者ブログ
(主に大分の)珍種バス停写真のブログ。 バス停大好きっ子も厄年を過ぎました。
[1] [2]
こういうのをやってます。

【遍歴】
2010/12/26 at 箱崎水族館喫茶室「水族館時代Vol.3」
2011/8/22 at Cafe&Bar gigi「自由研究発表会」
2012/11/13 at 福岡VoodooLounge「ラウンジサウンズ」
2014/7/23 at 福岡VoodooLounge「ラウンジサウンズ・ニシジマオミルフィーユ放送局」
2014/8/6 at 薬院UTERO 「Sound Without Equal」
2015/6/25 at 福岡MUSK「ムスクサウンズ」
2015/7/20 at Cafe&Bar gigi「二人のオッサンたちが戸川ちゃんを奪い合う夜!」
2015/10/20 at 薬院UTERO 「Sound Without Equal」
2015/12/24 at 広島ヲルガン座深い呼吸-流動する青の中で-
2017/1/24 at 薬院UTERO 「Sound Without Equal」

オファーなどお問い合わせなどはこちらまで宜しくお願い申し上げます。

※余談ですが動画にブーイングがやたら多い経緯なんですが、バンドのほうのライブのMCで「なぜかうちらのバンドの関連動画に3票づつブーイングが同時期についたんですよ。おもしろいからみんなもブーイングしてください」って言ったら各動画10づつに増えました。あんまり見ていて愉快なものでもないことをしたなあとほんのちょっぴり後悔してます。

PR

 今年4月に久しぶりに鉄道旅をしました。

 日田彦山線。久大本線。乗り継ぎました。


 このバスに乗り行きました。人生で、久しぶりの純粋な乗りバスでした。
 日田は大好きな街です。

***

 このブログの中で日田の人と接した時、バス停の写真ということで怪訝な顔をされたことは一度あったのだけれど、他はおおむね
 「変わった趣味をお持ちですねえ」
 という反応が返ってくるばかりで。
 なもので、乗ったバスの運転手さんとの会話も
 「そんな用事でわざわざですか」
 途中病院帰りだろうか?大きな病院から乗ったお客さんは、バス停でもない家の前で降りて行った。
 「うちの会社は金のないけんバス停のボロかとですよ」
 いえいえそこがよいのですよ。
 とはいえ案内放送が一切ない(!)。もりもりと上がっていくタクシーメーターのような運賃。とはいえ片道600円といったところだけれど。


 帰りの便はおばさんが乗車、運転手さんはすっかりなじみ。
 「あら?今日は休みじゃなかと?」
 「そ、急な出勤になったと」
 愚痴をこぼし始めた。
 田舎のバスは川沿いの道をそうやって下って行った。

***

 プノンペンラーメンの中華さと。
 日田天領水の里。
 木花ガルテン。
 思えばカミさんにとって、夫婦で県外に旅行をした最期の場所にもなった。去年の春。

 ニュースが流れてくるたびにショックを受けています。
 きっと出会った人の中に大変な人がいるだろう。それこそあのおばさんのお店は大変な騒ぎだろう。駅前のお店だった。

 どう言葉をかけていいかわからないのです。
 また必ず日田に行きます。
 その日までの無事、とにかくお祈り申し上げます。

2017/1/24にバス停トークが帰ってきます!!

何かのパクリのようなロゴだが気にするな!!しかも元はマニアックなヤツだ!!調べると沼にはまるから気をつけろ!!

そんなわけで清川ユーテロにて12月の取材旅行を元にやります!!
ここの店長はオルタナバンド百蚊のべーシスト・原尻氏なのですが大分に土地勘のある方はわかるでしょう。原尻の滝の辺りの出身の方なんで、取材した写真を見せると
「おお、うちの地元じゃないですか!!」

「こんなん、いっぱいありますよ!!」

「普通じゃないですか!!」

まだまだブログに載せてないものも含めて軽快にトークと弾き語りをやります。詳細決まったらまたお楽しみに!!

ところでその原尻店長もお勧めの原尻の滝、行きました。
これがしょぼいのではないかという前評判を覆す雄大さ!!
こんなところに滝があるとは誰も思わないということで、昔は転落事故が多発してたという原尻の滝!!

真面目に観光スポットとしてお勧めです。いやー、たまげた。

バス停トーク内でよく出てくる
「バス停仲間」
二人が執筆参加した本がこの度出ます。

「秘境路線バスをゆく」

イカロス出版
発売日:2016年01月28日
定価:1728円(税込)

このサイトでもバス停トークでもよくネタとして使ってる

下越

舞野(※バス停トークでは「植物成長物語」で定番のやつ)

二瀬

樋桶山登山口

とバス停スター勢ぞろいでおなじみのあの路線も紹介されているそうです。
是非第2弾が出る勢いになるよう、そしてジマオさんに執筆依頼が来るよう祈って買ってください。
車を手放して早3年か4年。
 そろそろ軽自動車でも買おうかな、というと気に身内の不幸だったり大病だったりがどかどかと来て、トランスポーターの確保どころじゃない日々を送っておりました。
 なので、このブログも
 「ロケハンに行くどころじゃない」
 という事態が生じておりましたわけでございますが、世の中色々進歩するものです。

1.「グーグルストリートビュー」が充実した
 これ、すごいです!
 今までさんざ頭を悩ませられていた「事前ロケハン」が出来る上に、存在の確保すら出来てしまいます!

 これは廃止になってしまった「南田原」、かの有名な「ととろ」の隣のバス停です。こんなのもストリートビューで見られてしまいます。

2.うちの近所に壁バス停が出来た
 そうなんです!
 コミュニティバスが増えてから、バス停も形にとらわれないものが出だしました。
 そんなわが街にも「マミーズまほろば号」という太宰府タクシー社が運行するコミュバスが登場したのですが、これがほとんど壁バス停。

3.近所に「入美」バス停ゆかりの方がいることが判明
 こちらは偶然の縁です。
 日田バスの女王として桜の季節楽しませていただいているあのバス停の辺りの方が近所でお店をやってることが判明したんです。一週間の半分はあちらのほうで農作業、半分はこちらで店をやっていると。


 てなわけでペースは不定期になりますが再開します。
 未発表のネタもあった記憶があるし。
 ストリートビューものという新境地もできたことだし。

 それからもう一つ!
 これは長文の下にひっそり書くことでもないと思う告知というか活動報告なので明後日あたりに改めて!
 では!!


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 7 8
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[07/06 ジマオ]
[07/01 senochan]
[02/27 ジマオ]
[02/22 Sunhouse]
[11/23 じま]
最新TB
プロフィール
HN:
西ジマオ(宇宙サービス)
HP:
性別:
男性
自己紹介:
メールはこちら。

★激動の昭和の荒波に耐えて田舎に都会に生き残る、珍バス停たちが大好き。しかし嫁は全く無理解。
バーコード
ブログ内検索
P R