忍者ブログ
(主に大分の)珍種バス停写真のブログ。 バス停大好きっ子も厄年を過ぎました。
[56] [55] [54] [53] [52] [51] [50] [49] [48] [47] [45]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PICT0492_R.jpg 塚田の続き。

 温泉に入って、とりあえず帰路に着くことにはした。
 五馬線に沿って帰ろう、新しい発見があるかもしれないなんてちょっと考えた。
 確かに、再探訪の際路線表の見落としが発覚することはある。
 この日の温泉への往路、実は「中園」というバス停の見落としが発覚、真新しい標柱が立ってしまっていたのだ。もっともそのバス停は村で最大の雑貨店のまん前で、標識ゼロ・時刻表のみ雑貨店の軒先に掲載だったという可能性も否定できないから、まあすっぱい葡萄だったと思うさね。ふてた顔で。

 さて復路。五馬線は主要地方道・天ヶ瀬阿蘇線を通るのだが、所々が2車線に改良済み。
 三日月湖のような旧道の入り口付近にバス停が配置されている。奥に行くことはないだろう。

 そんな旧道の入口にある「ゲートボール場前」バス停。
 旧道の出口部分はさほど離れていなくて、目視できる距離で再合流しているのがわかる。
 ふと、野生の勘が働いた。
 向こうに見える森は下り斜面のようだ。地形的にもあの旧道にはそう大きな集落はなさそう、今までそう判断してきた。しかし本当に、第六感的なひらめきでそこを曲がった瞬間・・・

 ・・・が、上の写真。

 「ゲートボール場前」からは100メートルあるかないかの距離。
 わざわざこのバス停のために、バスがここに入り込む必然性。
 その軒先型とも壁型ともつかないフォルム。
 考えれば考えるほど赤瀬川原平の考現学のような考察が頭をよぎってしまう。いやー、大発見をしてしまった。

PICT0495_R.jpg 84c5d304.jpg
PICT0494_R.jpg PICT0496_R.jpg
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[02/27 ジマオ]
[02/22 Sunhouse]
[11/23 じま]
[11/22 友枝病院前]
[06/29 ちょんびん]
最新TB
プロフィール
HN:
西ジマオ(宇宙サービス)
HP:
性別:
男性
自己紹介:
メールはこちら。

★激動の昭和の荒波に耐えて田舎に都会に生き残る、珍バス停たちが大好き。しかし嫁は全く無理解。
バーコード
ブログ内検索
P R