忍者ブログ
(主に大分の)珍種バス停写真のブログ。 バス停大好きっ子も厄年を過ぎました。
[118] [117] [116] [115] [114] [113] [112] [111] [110] [109] [108]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


あ、唐突ですがうっかり「廃止」と書いた「醍醐」、思いっきり場所間違えてました。三日前くらいに行ったら現存してました。おんなじ様な地形があったので見過ごしちゃってました。お詫びして訂正するとともにステキな壁バス停2個くらい確保しちゃいました。運営なさっておられる太宰府タクシー様、グッジョブです。

 ここの趣旨は面白バス停のブログではあるのですが、バスの話がおおっぴらにできる話であるのならばこの話を書いても面白いじゃないと気付きました。
 題して
 「西鉄バス福岡市内線46番の歴史と考察」
 
です。

 この路線、現状および変遷がとっても面白いんです。
 今回は現状までを伝えることにします。現在の46番の経路を調べてみましょう。
http://jik.nishitetsu.jp/map?f=maproute&routeno=0&sdate=2015/05/25&f_list=0000,L00032&t_list=0001,580330

 無駄に縦に長いのはもちろん伏線です。
 この路線は西鉄バスマニアにとっては大変興味深い路線で、
 「ほかの番号と重複する部分がほとんどない」
 という特殊な習性があります。博多駅から城南線を通り人参公園のほうに曲がった地点から、井尻駅入口~井尻六角間の県道31号線合流まで重複なし。

 しかもこの部分、県道575線の未開通部分があるため上りと下りが逆方向で接合するという大変特殊な場所、かつ超狭隘路線。井尻六つ角から井尻駅入口方面への右折は、恐ろしく狭いところに大型バスが入っていきます。削られそうです。
 現在の運行形態は博多埠頭~井尻六角、一時間に1本雑餉隈営業所。休日は雑餉隈営業所行きはありません。
 この形態になったのは元々この路線が井尻六角までの想定であること、担当が雑餉隈営業所であるため井尻六つ角~雑餉隈営業所はしばらく回送部分であったこと、客扱いの再開は平日の南福岡から精華女子短大への通学のためという経緯、と思われます。

 私の実家は南区の弥永でした。
 ある日、ちょっと南のほうに足を伸ばしてみたら、
 「ええ、こんなところからも天神に行けるバス出てるんだ!50円くらい高いけど、乗ってみよう!」
 と思ったのが、この路線との出会いでした。
 先ほどの箇所でたまげました。
 もう、その後も見たことないような場所をぐるぐると走らされて、
 「森永製菓前」「アサヒビール前」
 なんて魅惑的な名前のバス停を見せ付けられたのち、駅南2丁目で突然の、目の前に博多駅見えかかってるのに左折して狭隘路への方向転換。
 虜になりました。

 さて、福岡の地理に詳しい人であればちょっと考えればわかるのですが弥永から南、というのは今の路線図からは全くありえないわけです。
 そう、冒頭に登場した自作の46番の地図が無駄に長いのはそういうことなのです。弥永という地名は上から三分の二、中央よりやや左といったところでしょうか。新幹線の博多南駅の近くにあります。

 てなわけで次回(2)では、「昭和57年ごろの46番」に続きます。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[02/27 ジマオ]
[02/22 Sunhouse]
[11/23 じま]
[11/22 友枝病院前]
[06/29 ちょんびん]
最新TB
プロフィール
HN:
西ジマオ(宇宙サービス)
HP:
性別:
男性
自己紹介:
メールはこちら。

★激動の昭和の荒波に耐えて田舎に都会に生き残る、珍バス停たちが大好き。しかし嫁は全く無理解。
バーコード
ブログ内検索
P R