忍者ブログ
(主に大分の)珍種バス停写真のブログ。 バス停大好きっ子も厄年を過ぎました。
[2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]


わー、懐かしい。まだ結婚する前のカミさんだ。
これ大分の神杉野。

カミさんはバス停探索の旅も結構付き合ってくれました。
もちろん一緒に付く食事やら、旅のお土産が半分目的。まあ、自分との会話も楽しみだったようでしたが。

今年の4月の探索もカミさんと一緒に行ったんでした。
秋月行くついでに。これを撮ってる間カミさんは車内で、スマホゲーをぽちぽち。

今年は本当に大変な年になりました。6月ごろから悪くなる病状、そして緩やかに訪れながら、不意に襲った病状の激変。そして9月に亡くなりました。
毎年訪れる割にはここでそういう写真撮ってなかったなあ、とカミさんをそそのかしたら、予想外にもノリノリで協力してくれたんだっけ。

楽しくなかったらこんなに楽しく一緒に出かけてねえだろ

えへへへへへ

いいかげんにしろ

どうもありがとうございましたー

カミさんはオードリーが本当に好きだった。

今年最後の更新です。今は喪中。
去年の今頃、がんセンターでセカンドオピニオンを立てた結果、かなり厳しい状態であること。そして余命1年の宣告を受けてました。

「生きたいよう、もっと長くふたりで家族でいたいよう」
という彼女のその日の言葉や
「今まで本当にありがとう」
と今わの際に自分に残した言葉は一生忘れない。

本当に寂しくなったけれど、今頃カミさんは好きなことをして過ごせているかなあと、思いを馳せるばかりです。
動けるうち、好きなことをたくさんやったカミさんは幸せものだったと思う。うん。

それじゃ、よいお年を。

PR

巨大道路構造物+バス停の組み合わせは卑怯なんである。

もうこの一角に入る直前から凄いの出てくるのは、予測できてた。

なもので、どの角度から撮っても

どの角度から撮っても

どの角度から撮っても

美しいのは当然だし、たまたまいい感じで柿が下がってた。渋そうですなー(※余計なこと言わない)

トンネルの向こう側から来るとまた美しくて。大分って、地質のこともあり断崖絶壁が非常に多い。なのでこんな大掛かりなモルタル吹き付けの壁がいたるところにあります。いや、こういった斜面自体のスケールが、本当にでかい。

このトンネル素掘りじゃないよね?

そしてそこを抜けると

うーん、やっぱり美しい。


この日の取材旅行で一二を争う感動だったこのバス停。大分には、ととろが待ってそうなバス停はまだまだこんなにいっぱいあるんです。美しかった。ただただ美しかった。

グーグルマップでしこたまロケハンをして臨んだ今回の旅でしたが、いろんな理由でなくなっていたバス停がありました。
そりゃあビフォーアフターで比較写真撮ればわかりやすくもなるけどさ、遠いとこまで行って…の落胆たるや!!
中学校前(大分県竹田市)
道が拡幅されて建物がなくなってました。
これが朝一番、最初に見に行きたかったとこだったんですよ!!
その落胆たるや!!
南田原(大分県佐伯市)
ととろの隣。まあこれは事前情報があったのでそこまで。
でもやっぱり生きているうちに見たかった、というのは感じます。いろんな意味で。
久保(大分県竹田市)
これがちょっと予想外。終点までは古いバス停ばかりで楽しかったんですよ。
これから刷新が始まる直前だったのかなー、と。
福園(大分県佐伯市)
今回最大のがっかりポイント。新道のほうに町営住宅が出来たらしく、バスがそちらを迂回するためだけにこのバス停だけを廃止にしたらしい、と住人の方から情報を得る。なんと風情のある軒下バス停を…。これははっきりと大分バスにも訴えたい、大きな損失であると。グーグルマップで眺めるだけでも美しい…。


勝手口!!

これは凄い。表札ともいいがたい形で住宅と共存しておられる。
場所は兵庫県豊岡市日高町の旧道。ストリートビュー、通ってないけどバス停マークだけは付いてた。

さて1年ぶりに本格更新したので、すっかり中断していたのですがこれを撮っていただいた友人みやじゅうさん(※わけあって改名)は現在こんな愉快なブログをしております。


この道の狭さ

ロケーションまで完璧に撮ってくるのは彼のプロの仕業と言っていいでしょう。

ところで、一応このバス停をグーグル検索したけど、誰もこのバス停のよさに気付いてない。おれがおかしいのか?むしろこっちが普通なのか!?
最終的に木浦鉱山まで行った先日の大分取材旅行は
 
 この長湯温泉を足がかりに2泊2日(初日夜出発)で行くつもりだったのです。
 計画を立てた時点で
 「こりゃ、竹田でやりすぎてつまづくな」
 と考えました。また最初に向かった雉ヶ平線が全施設新設というテンション駄々下がりのスタートで
 「竹田もうだめズラァ!!深追い禁止ズラ!!」
 おれの心の中の国木田花丸(※詳しくはラブライブ!サンシャイン!!で調べてください)が言っている。

 というわけで竹田や三重町などをかなり端折りました。

 ここにどうしても向かいたかったんですね。
 いやいや、手垢が付いたネタでしょうよ、ととろなんて、と思う向きがあるかもしれません。


 うちは貧乏なので格安レンタカーのお世話になってます。
 そこが、カミさんの闘病中本当にお世話になってねえ。
 抗がん剤投与の2~3日の入院が2~4週間に一度発生するわけ。入退院のとき、タクシー代よりはるかに安いんだもの。

 カミさんが亡くなって、法要も終わって落ち着いて。そうだ旅に出よう。
 レンタカー会社の人が、この旅の始まりのときに聞いてきた。
 「いやー、しばらく来なかったでしょ。奥さんのこと心配してたんですよ。また病院ですか」
 「あ、…亡くなりました」
 「えっ!!」
 色々会話はあったのだけど、うっかり行く先を
 「大分の山奥へ」(※間違ってないよな)
(※おれのイメージする素敵な大分の山奥)
 と言ってしまったばかりに店員さんが真剣な表情で
 「…必ず、帰ってきてください!!」

 なんか勘違いされてるーーーー!!
 なんで、バス停の趣味の話でとっつきやすいととろのバス停の話をして、このバス停の写真だけは絶対に撮って帰ってこようと誓ったのでした。

 帰って見せて、むしろその店員さんにウケたのはこのバス停だった・・・。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[07/06 ジマオ]
[07/01 senochan]
[02/27 ジマオ]
[02/22 Sunhouse]
[11/23 じま]
最新TB
プロフィール
HN:
西ジマオ(宇宙サービス)
HP:
性別:
男性
自己紹介:
メールはこちら。

★激動の昭和の荒波に耐えて田舎に都会に生き残る、珍バス停たちが大好き。しかし嫁は全く無理解。
バーコード
ブログ内検索
P R